ドライフードとウェットフードを使い分けネコ様の好むように キャットフード与え方 創意工夫集

ドライフードとウェットフードを使い分けネコ様の好むように

ドライフードとウェットフードを使い分けネコ様の好むように

ネコが一番
我が家は私とネコ(3歳オス)の1人と1匹暮らし。
家の主は私のはずなのに、どうも私はネコの忠実な下僕となっているようです。
おネコ様はとても気ままで、食べ物の好みに大変うるさいのです。

 

ネコは飽きやすい性格

おネコ様は1種類のキャットフード(総合栄養食)だけだと飽きてしまい、すぐに食べなくなります。
そして、おやつを欲しがります。
おネコ様がキャットフードを食べなくなると「どこか具合が悪いのかしら?」と忠実な下僕である私はとても心配。
「食べてくれるなら、おやつでもいい」と、ついついおやつをあげてしまうのでした。

 

しかし、毎日の食事をおやつばかりにしているわけにはいきません。
そんなことをしていてはおネコ様の健康と私のお財布に悪影響を及ぼすことになります。
そこで、数種類のキャットフードをストックしておき、毎回違う種類のものを与える方法に変更しました。

 

キャットフードのバリエーション

ペットショップやドラッグストアに行くと多くの種類のキャットフードが棚に並んでいます。
どれを買おうか毎回悩みます。
実際に買ったものの75%くらいはおネコ様のお気に召しません。
そこで、少量のお試しサイズのものをまず買ってみて、おネコ様が気に入ってくれたらリピートしています。

 

現在はウェットフードを1種類(同じ商品で味が違うもの複数)、ドライフードを3種類(商品)を常備しています。
そして、朝はドライフードのみ、夜はウェットフードと朝とは違う種類のドライフードを与えています。
ウェットフードは毎日味が違うものにしています。

 

毎回味が変わるためか、わりと飽きずに食べてくれます。

 

食欲のムラが減り、おやつの量も減りました

我が家のおネコ様は子猫の時は食欲旺盛で何でも食べる良い子だったのですが
成猫になってからは食欲にムラがあり、気に入らないフードだとまったく食べないこともあるくらいのわがままネコになってしまいました。

 

しかし、毎回フードの種類を変えることで食欲のムラが減りました。
おネコ様の食欲が落ちるとやはり心配になるので、毎食ちゃんと食べてくれるだけで私の心配も減ります。
そして、おやつの量も減らすことができました。
その努力の賜物か5.6sと大きめではありますが肥満体型ではありません。

 

忠実な下僕としては、おネコ様がいつまでも元気で長生きしてくれることを願うばかりです。
そのために、日々仕えております。